牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

“怪獣ツメラー”の活躍で日を浴びられた「黒い土たち」

公開日: 更新日:

 バリバリバリ、どしーん。隣家の解体工事がはじまった。ものすごい音がして振動で家が揺れるので、あわてて戸棚の上の花瓶と熊の木彫りを下ろした。ほこりが舞わないように男がホースで現場に水をかけているが、そんなものでは間に合わない。窓を閉める。

 僕は個展の搬入日が迫って家のアトリエにこもっていたが、これでは絵を描けそうにない。少しでも集中しようと、音量を上げてエリック・サティのピアノ曲をかけてみたが、騒音で途切れてかえってイライラした。何か大災害の渦中にでもいるような気がしてくる。

 窓を開けてのぞくと、すでに隣家は2階が無残にむしり取られ、1階の台所の壁や床下収納があらわになっていた。描いていた絵よりも、こちらの方がずっと刺激的である。重機はキャタピラーでがれきを踏みつぶして家に迫り、大きな鉄のツメを口のようにパクッと開いて、玄関の屋根に噛みつき、首を左右に振る。まさに、怪獣だ。怪獣ツメラーが暴れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る