牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

酔って床に転がるとき、あれば心強い「腹巻きとももひき」

公開日: 更新日:

 自分はそれほど肥満ではないと思っていたが、徐々に体がまるっこくなって腹が出てきた。そして、出てくることと何か関係があるのかどうか分からないが、その腹が冷えやすい。冷えると下痢ぎみになる。それで昨年の冬、初めて腹巻きを買った。寅さんが巻いているような、ラクダ色のゴワゴワした厚いのにするつもりだったが、ずいぶんいろいろなものがあり、薄手のよく伸び縮みする乳白色のやつにした。さっそくつけてみると、ポカポカして腹の調子もいい。最近は、ズボンの下のももひきも欠かせなくなった。

 五十を過ぎてこういうものにお世話になるようになったが、それとともに酒の飲み方もずいぶん変わってきた。以前はバーでウイスキーを頼むとき、覚えたての銘柄を得意になってバーテンダーに注文していたが、このごろは、

「何になさいますか」

「なんでもいいです。でも、そんなに高くないのね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る