牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

昔ながらの湯治場の良さ残す俵山温泉の「山のなかの本屋」

公開日: 更新日:

 山口県の俵山温泉のそばに、東京のある本屋が移転したので訪ねていく。俵山は昔ながらの湯治場のよさを残す温泉地で、本屋はそこからさらに山奥にある。車で山を越えていくと、やがて民家もなく山と渓流だけの道となった。こんなところに、本当に本屋があるのだろうか。分かれ道があるたびに地図で確認しながら車を走らせていると、道端に猪よけの網を張り巡らせた畑と民家がひとつ、ぽつんとあった。看板もなく、草むらのなかに「ロバの本屋」と書かれた小さな立て札があるだけである。

 一体どんな人が、こんなところまで本を買いに来るのだろうか。入り口へ続く木の階段を上ろうとすると犬が1匹吠えだし、ついで店主が現れた。

「いやあ、よくこんなところで……」

「ふふふふふ」

 いつもこんなふうに驚かれるのだろう、店主の女性は明るく笑っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る