牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

「くさやとさつまいも」と新島で思い出す“飛騨ん爺親子”

公開日:

 江戸時代に飛騨で重い年貢に苦しめられた農民たちが起こした「安永の大原騒動」という一揆があった。そのとき裕福な町民の身であった上木甚兵衛は、我が身をかえりみず農民たちの味方をしたために重罪に処せられ、遠く伊豆諸島の新島へ流罪となった。

 教養の深かった甚兵衛は、島で子供たちに読み書きを教えたり、国元からの送金で寄付などをしたりしているうちに「飛騨ん爺」と呼ばれ、敬愛されるようになる。ところがあるとき病が原因で不自由な身となってしまう。そのことを便りで知った息子の勘左衛門は郷里の飛騨から流民に身を落として決死の覚悟で島へ向かい、数十年ぶりに父との再会を果たす。やがて父が亡くなると、勘左衛門は墓を建て、その傍らに父との別れを惜しんで自ら彫った自分の像を建てて島を去って行った。

 この話は、正義の話、親孝行の話として今も飛騨で語り継がれている。そしてまた、飛騨ん爺の墓も島民たちから花を手向けられ大切に守られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る