古新舜さん<4>「私が」という主語がないと幸せになれない

公開日: 更新日:

 教育全体を良くしたいという思いで、10年間の予備校講師生活の後半から私の授業では、アクティブラーニングを取り入れるようになりました。たとえば、YouTubeの画像を見ながら、「そこに映るいろいろな現象を物理で考えよう」という授業ですね。受験のための学問ではなく、生きるための知恵として教えることにしたのです。

 子どもたちをオリの中に閉じ込めて、ひたすら偏差値だけを上げようとする教育を変えたいという思いでした。

 通年の授業の1回目では毎回、「大学に行く必要はない」と話しました。教室には浪人して予備校に来ている生徒たちもいます。当然ながら、「浪人生をナメてるのか」とブーイングが来ます。そのブーイングの中で「なぜ君たちは大学に行きたいのか」と問います。すると、「親に言われたから」「みんな行っているから」というような答えが返ってきます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る