古新舜さん<3>“代打”授業の評判が良くて首がつながった

公開日: 更新日:

 憧れの駿台予備校講師になったものの、同時に映画の世界に足を踏み入れてしまったため、新卒1年目からほとんど寝る間もない日々が続きました。10年間は責任を持って取り組もうと思いながらも、教壇に立ちながら寝不足で意識が遠のくことも。

 そんな中で、毎回のように難しい質問をしてくれる生徒もいました。きっと授業を面白く感じてくれたのだと思います。ただ、授業後は急いで映画製作に向かわなければならず、その生徒をケムに巻くようにして慌てて教室を後にすることもしばしば。

 そうしていたら、3年目で戦力外通告を受けることになってしまったんです。

 予備校というのは毎年11月ごろに来年度の授業スケジュールを決めていくので、そのころに自分のスケジュールを申告する紙が回ってくるんです。大学などで授業を持っている先生たちもいるので、空いていない日にはバツをつけるんですね。でも、3年目の秋、私には回ってこなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る