古新舜さん<1>大学で物理を選んだのは成績が悪かったから

公開日:

 10月30日、第31回東京国際映画祭の特別招待作品として、哀川翔の娘・福地桃子主演の「あまのがわ」が上映された。古新さんが原作・脚本も手がけており、「表現したいと思ってきたものは、これでいったんすべて出せた」と話す。「あまのがわ」に古新さんはどんな思いを込めたのか。監督が予備校講師として勤めていた時代に時を巻き戻すと、それがよく見えてくる。

 私は早稲田大学理工学部応用物理学科を卒業後、駿台予備校の講師を10年間務めていたんです。

 父は1級建築士で、我が家は強烈な教育家庭。小さなころから塾に通い、東大を目指すのが当たり前という子ども時代を送ってきました。大学受験では早稲田や慶応にはすんなり受かったのですが、東大に落ちてしまい、早稲田に入ったものの、1年生の間は引きこもり生活に。自殺も考えるようになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る