ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

公開日:

 先月、大阪で個人タクシーに乗車した際、運転手と口論になり、その模様をライブ配信した実業家の堀江貴文氏(46)。ホリエモンの“ブチ切れ動画”はユーチューブにもアップされており、いまだにネット上は「堀江の態度が悪い」「いや、運転手が悪い」「目くそ鼻くそ」などとカンカンガクガクだ。

 口論になってからの動画なので、なぜ堀江氏が高齢の運転手に向かって「おっさん」とか「おまえ」呼ばわりするほどブチ切れたのかは、推測でしかない。

 が、どうやら発端は、ホリエモンがタクシーに乗車するなり「曽根崎新地1-9-○」と行き先を告げ、運転手が3ケタの枝番を覚えられなかったことらしい。

 で、「おまえ、3ケタの数字も覚えられないのか」とプッツンしたようで、ホリエモンの剣幕に怖くなった運転手は警察に通報。警察を呼ばれたことで、ホリエモンはさらに逆上し……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る