田口光久さん<1>三菱入は“大人の事情”で決まっていたんだ

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表の森保ジャパンが好調だ。キリンチャレンジカップを4勝1分けの負けなしで終え、来年1月のアジアカップに向けて好スタートを決めている。

 今回登場のこの人は、1975年に代表入り。正GKの座を確保すると、国際Aマッチに59試合出場した。そんな守備の要は73年、秋田商業高校を卒業すると、日本リーグでヤンマーディーゼルと人気を二分する三菱重工サッカー部へ。その所属は、意外にも超お堅い部署だった。

「資金部出納課でね。話を聞いたときは、『えっ、オレが』ってそりゃあ驚いたよ。ほかの日本リーグのチームのメンバーは大体、総務部や庶務課に配属されるのが一般的だった時代。サッカーしか知らない秋田の田舎者に資金部なんてワケが分からなかったぞ」

 その年のAFCユース大会は4月14日からイランのテヘランで開催。前の年のインターハイで母校の準優勝に一役買ったことで、ユースメンバーに招集。Dグループで開催国とマレーシアと戦って1敗1分け。グループリーグを突破して決勝で敗れて帰国した。初出社は5月1日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る