60代の2割が定年退職破産“カードならポイント2倍”は要注意

公開日:

 安倍政権は来年10月の消費増税に合わせて、キャッシュレス化を加速させる方針だ。クレジットカードをはじめキャッシュレスで支払うと、決済額の5%分がポイント還元される。増税後の9カ月間の時限措置とはいえ、カード化の流れが進むはず。そこで、気になるのが、カード地獄で苦しむ人たち。どんな人が、ハマるのか。

 ある40代の男性は、妻から手渡される月々の小遣いが3万円。しかし、飲み会に誘われることが多く、週末は趣味の競馬がある。毎月の小遣いだけではカバーできず、クレジットカードのキャッシングを利用。最初のうちは、手にした小遣いの3万円を丸々返済に充てていたが、それではプライベートがままならず、キャッシングを繰り返すうちに500万円に膨らんでいたという。

「妻は生活費を切り詰めて、子どもの教育費として500万~600万円貯めていました。結局、夫の借金を肩代わりして離婚です。こんなケースは珍しくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る