「PASMOゴールド」で月1200ポイント カード見直しのお得度

公開日: 更新日:

 増税される2%分をポイント還元――。来年10月に控える消費増税に向けて、安倍政権はクレジットカードをはじめとするキャッシュレス決済した人へのポイント還元策を打ち出している。カード手数料が重荷の中小店舗やカード会社の抵抗も予想されるが、キャッシュレス化を強力に求める海外カードブランドの後押しもあって、対米追従を貫く安倍首相はゴリ押しするだろう。では、どんなクレジットカードがトクなのか――。

 クレジットカードは、スーパーやコンビニ、携帯会社などあらゆるところが発行し、いろいろなポイントとリンクしている。大きなポイントグループでいうと、NTTドコモを中心としたdカードやTSUTAYAを中心としたTカードが有名だ。JRや地下鉄、航空会社なども発行。どれをメインにするかは、人それぞれで大きく変わってくる。

 考えられる利用シーンとして大きいのは、鉄道会社が発行するカードだろう。記者は長くJR東日本とビックカメラが組んだ「ビックカメラSuicaカード」をドコモのおさいふケータイに登録して利用していたが、少し前からは東京メトロの「To Me CARD PASMO GOLD」に切り替えた。パスモの方が、ポイント加算率が断然高いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る