上阪徹さん<1>伝説の売り上げを持つ店長にしごかれて…

公開日: 更新日:

 秋元康、笑福亭鶴瓶、三木谷浩史、柳井正といった各界のトップランナーをインタビューし累計40万部のベストセラーとなっている「プロ論。」の著者。「成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?」「成功者3000人の言葉」「Microsoft 再始動する最強企業」など話題本も数多い。著者の代わりに聞き書きで仕上げた本も60冊を超える、当代随一の売れっ子ブックライターだ。その社会人人生は大手アパレルメーカー「ワールド」の営業マンからスタートした。
 生まれは兵庫県の日本海側にある豊岡市。地元の高校を卒業し早稲田大学商学部に進学したものの、卒業後は実家に戻り農家を継ぐ約束だった。

「そうは言っても東京は楽しすぎちゃって、『何年かしたら帰るから』って、こっちで就職させてもらったんです。残るからには限られた時間を楽しまなきゃって気持ちと、一旗揚げようじゃないけど、東京じゃなければできないことをやろうと思いました。それで派手な会社、分かりやすい会社、さすが東京だよねって会社を探したんです。上京したばかりの頃、ある先輩に、一番入るのが難しい会社は電通だって聞いたことを思い出し、電通と博報堂、それにフジテレビを受けました。結果は当然、玉砕。バイト先の先輩に『ウチに来ない?』と声を掛けてもらって、ワールドを受けることにしたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る