小野員裕さん<1>長髪ヒゲ面で面接に臨んだ出版社に採用

公開日: 更新日:

 今回登場するのは、横濱カレーミュージアム初代名誉館長にして、ラーメンや居酒屋などの大衆料理研究家、出張料理人などさまざまな顔を持つ元祖カレー研究家。サラリーマン時代は、出版社で人文系の編集者を務めていた。

「生まれは、北海道三笠市の幌内(アイヌ語で大きな川の意)。母方の伯父が炭鉱を経営していて、その縁で父は炭鉱夫として働き、6歳上の兄も幌内で生まれました。ただ、昭和30年代はすでに山の景気も悪くなっており、2歳で練馬に引っ越してきた。ですから、当時の記憶はほとんど残っていません。父は召集で、大阪で終戦を迎えましたが、原爆が落とされる直前まで広島にいたそうです」

 その後、「荒城の月」(滝廉太郎作曲)で知られる詩人の土井晩翠の書生をやっていたが、結婚を機に北海道に移り住んだという。

「1961年に東京に引っ越してからは、親戚が経営する電電公社の子会社に勤め、私が小学生の頃には弱電の工場を始めました。クラリオンのステレオ基板を作る社員10人ほどの町工場で、その後はカラオケ用の8トラックなども作っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る