小野員裕さん<1>長髪ヒゲ面で面接に臨んだ出版社に採用

公開日: 更新日:

 今回登場するのは、横濱カレーミュージアム初代名誉館長にして、ラーメンや居酒屋などの大衆料理研究家、出張料理人などさまざまな顔を持つ元祖カレー研究家。サラリーマン時代は、出版社で人文系の編集者を務めていた。

「生まれは、北海道三笠市の幌内(アイヌ語で大きな川の意)。母方の伯父が炭鉱を経営していて、その縁で父は炭鉱夫として働き、6歳上の兄も幌内で生まれました。ただ、昭和30年代はすでに山の景気も悪くなっており、2歳で練馬に引っ越してきた。ですから、当時の記憶はほとんど残っていません。父は召集で、大阪で終戦を迎えましたが、原爆が落とされる直前まで広島にいたそうです」

 その後、「荒城の月」(滝廉太郎作曲)で知られる詩人の土井晩翠の書生をやっていたが、結婚を機に北海道に移り住んだという。

「1961年に東京に引っ越してからは、親戚が経営する電電公社の子会社に勤め、私が小学生の頃には弱電の工場を始めました。クラリオンのステレオ基板を作る社員10人ほどの町工場で、その後はカラオケ用の8トラックなども作っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣