小野員裕さん<1>長髪ヒゲ面で面接に臨んだ出版社に採用

公開日:

 今回登場するのは、横濱カレーミュージアム初代名誉館長にして、ラーメンや居酒屋などの大衆料理研究家、出張料理人などさまざまな顔を持つ元祖カレー研究家。サラリーマン時代は、出版社で人文系の編集者を務めていた。

「生まれは、北海道三笠市の幌内(アイヌ語で大きな川の意)。母方の伯父が炭鉱を経営していて、その縁で父は炭鉱夫として働き、6歳上の兄も幌内で生まれました。ただ、昭和30年代はすでに山の景気も悪くなっており、2歳で練馬に引っ越してきた。ですから、当時の記憶はほとんど残っていません。父は召集で、大阪で終戦を迎えましたが、原爆が落とされる直前まで広島にいたそうです」

 その後、「荒城の月」(滝廉太郎作曲)で知られる詩人の土井晩翠の書生をやっていたが、結婚を機に北海道に移り住んだという。

「1961年に東京に引っ越してからは、親戚が経営する電電公社の子会社に勤め、私が小学生の頃には弱電の工場を始めました。クラリオンのステレオ基板を作る社員10人ほどの町工場で、その後はカラオケ用の8トラックなども作っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る