海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

公開日:

「よかったですね」

 今年4月、妻で女優の朝丘雪路(享年82)がアルツハイマー型認知症で命を落とした直後、夫で俳優の津川雅彦(享年78)は、芸能リポーターに妻が朝丘だったことについて聞かれて、迷うことなくそう答えている。その津川は妻の死からちょうど100日後、追いかけるように心不全で亡くなった。

 パートナーと死別した人を「没イチ」という。国勢調査によると、65歳以上の没イチは男女合わせて864万人。この25年で1.5倍に増えているのだ。

 今や没イチの増加は社会問題。だが、終活から供養まで手掛けるセレモニー会社「よりそう」の調査によると、その当事者は亡きパートナーに申し訳なさを感じたり、子供の目や世間体を気にしたりしつつも、8割は死別後の寂しさを感じ、7割は新しいパートナーと再婚する可能性があると回答しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る