「磯丸水産」など展開 SFPHD社長・佐藤誠さんの巻<5>

公開日: 更新日:

かつ久無庵 横浜高島屋店(横浜)

 中高年になると、「揚げ物はちょっと……」という人が少なくありません。そういう人にこそ召し上がっていただきたいのが、この店の豚カツです。私は、「豚カツをガッツリ食べたいなぁ」と思ったときによくお邪魔します。ヒレかロースですが、やっぱりロースです。130グラム(1836円)、170グラム(2160円)、そして特上の300グラム(3240円)の3種類で、腹ペコのときは必ず特上。それほどでもないときは170グラムです。もちろん、ロースですから脂があります。でもサッパリとしているんですね。その証拠にランチタイムは、女性客がよく目につきます。テーブルを囲んでいる女性グループもいますし、おひとりもいます。年配の方も珍しくありません。そう、女性が安心していただけるような脂の軽さで、スッと胃に落ちます。

 ソースは甘口と辛口の2種類ですが、脂がとにかく軽く、ジューシーなので、塩がウマい。卓上にあるミルで岩塩をひいて振りかけて、一口。前歯でスッとかみ切ると、肉汁があふれます。豚肉の甘味を塩が引き立てるんです。衣も軽い。時間が経っても脂でべったりすることはありません。女性が好むのも納得の軽さです。

 5切れに分けられているので、大きめの真ん中3つを塩で、両サイドの2つを2種類のソースで食べ分けるのが、いつものスタイル。すべての味を楽しむのがうれしいんですね。でも、やっぱり塩が一番。豚カツを塩でいただくおいしさを知ったのは、この店が初めて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る