人気飲食系コンサル「外食虎塾」代表・安田久さんの巻<1>

公開日:  更新日:

おしどり(北海道札幌市)

 私は、飲食店のサポートで全国を飛び回っています。そんな中でお邪魔するのが、各地のお寿司屋さんです。「三度のメシより寿司が好き」というくらい寿司をいただいています。その土地ならではの魚と大将一人一人のワザが重なると、シャリと魚介という単純な組み合わせでも、お店の個性が際立ち、食べ飽きることがない。ですから、私が担当する5回は、おすすめのお寿司屋さんを紹介します。

■「ウニは調味料」という大将・小林劇場に感動

 札幌ナンバーワン。そう断言できるのが、「おしどり」です。江戸前のクラシックなスタイルにこだわる人には、邪道かもしれませんが、大将小林裕二さんのもてなしがすごい。

 コース(税別)は1万円、1万2600円、1万5000円の3つのみで、お酒を頼むと、怒涛のつまみに驚きますよ。「手を出してください」と言われて差し出すと、バフンウニがポン。手乗りバフンウニです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る