女性やシニアの活躍も 「週休3日、時短で正社員」の働き方

公開日: 更新日:

「原則として、月間の実働日数、実働時間、仕事量を本人が決められるのが特徴です。それによって出産や子育てで一時退職した女性やシニアの方々が、それぞれのライフステージに合わせて、安心して長く働くことができます。それでもブランクが長くて不安があるような方には、社内でオンライン教育を受講することも可能です」(広報担当者)

 ドイツのソフトウエア会社SAPが開発した基幹ソフトを使って、さまざまな問題を解決するコンサルタントをSAPコンサルタントというが、同社はSAPコンサルの人事部門に特化する。その経験者が中心になるとはいえ、たとえば「週休3日の時短勤務」でも正社員として働くことができるのは魅力だろう。定年制度がなく、シニアコンサルタントにとっては雇用の不安なく長く収入を確保できる。

 有能な人材を確保するには、これくらい大胆なことをやらないとダメかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る