老後の時間を犠牲に…「70歳まで働く社会」は幸せなのか

公開日: 更新日:

 定年延長した60歳以上の高齢者の常用労働者数が急増している。厚生労働省が公表した2018年「高齢者の雇用状況」調査(11月16日公表)では、従業員31人以上の企業で働く60歳以上の常用労働者数は、過去最多の約363万人。前年比15万3000人増え、09年の216万人からは実に147万人が増えているのだ。

「法改正(高齢者雇用安定法)で、高齢者の雇用が企業や従業員に浸透した結果です。また、人材不足と高齢者の母数が増えていること、さらに高齢者の健康寿命が延びたことなど、政府の働き方改革の取り組みは順調に進んでいます」(厚労省高齢者雇用対策課)

 将来の経済成長に向けた未来投資会議では、ほぼ毎回高齢者の雇用促進が重要議題になっている。11月26日の第22回会議でも、高齢者の継続雇用年齢の引き上げが議題になった。安倍首相はその席で70歳までの就業延長をこう強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る