シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

定着する? 夜泣き回避の高級ベビーベッドがレンタル制に

公開日: 更新日:

 夜中に何度も授乳。ようやく寝たかと思えば、泣きだしてどうにも止まらず、親は毎晩寝不足……。新生児を持つ親たちが誰でも経験するこの悩みを軽減しましょうという夢のようなベビーベッドが、ミレニアル世代の親たちの熱い注目を集めています。

 スヌー(Snoo)とネーミングされたベビーベッドは大きめの揺りかご型。

 その特色は、まるで赤ちゃんがお母さんの子宮の中にいるような環境をつくってくれること。赤ちゃんは、ベッドに装着された専用のおくるみにすっぽりと包まれ、もし泣きだした時にはそれをベッドが感知し、泣き方の度合いに応じて赤ちゃんを揺らしてくれます。さらに、ホワイトノイズを発して、赤ちゃんはまるで子宮に戻ったかのように安心してスヤスヤと眠るという仕掛け。揺れの度合いやホワイトノイズは専用アプリでコントロール可能。おくるみは、しっかりベッドに装着しているため、間違って寝返りを打って乳幼児突然死症候群の原因になることもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る