スーツやウィッグも…身だしなみに関するお得な定額制情報

公開日: 更新日:

 巷で大人気の定額制サービス。中年サラリーマンやシニア世代が使えるものはあるのか? 今回は「身だしなみ」に関するモノを探した。

《紳士服》

 女性服ではもはや当たり前ともいえる服の定額サービス。しかし、紳士服は数が少ない。

 昨年、紳士服大手のAOKIと服飾大手のレナウンが、それぞれスーツの定額制サービスを始めたが、AOKI(サービス名「スーツボックス」)は、残念ながら半年余りで終了。利用者には好評だったが、採算が合わないと判断したもようだ。

 残っているのは、レナウンの「着ルダケ」。これは春夏、秋冬の2シーズンごとに、レナウン製のスーツが2着ずつ届くというサービスで、月額税別4800円から。シャツやネクタイもオプションで付けられる。

 契約は半年間で、継続の場合は1年目に商品をクリーニングし保管。2年目に再度着回しとなり、3年目に新品と交換になる。つまり、2着で5万7600円(4800円×6カ月×2シーズン)のスーツを2年ごとに新品に買い替えるようなもの。使い勝手はよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る