自費出版が反響 薪を燃やした灰はセシウム濃度200倍の恐怖

公開日: 更新日:

 一冊の自費出版本が売れに売れている。初版3000部から3カ月で1万6000部まで増刷した「図説17都県放射能測定マップ+読み解き集」(みんなのデータサイト出版)だ。2011年3月11日の東京電力福島第1原発事故後、放射能汚染の実態を測定してきた市民グループ「みんなのデータサイト」が発行した。

「国がやらないなら、自分たちで測るしかない!」と、約4000人の市民ボランティアが、土壌を調査。青森県から静岡県まで17都県、約3400カ所で測定したデータを地図上にまとめたものだ。

 本を手に取った人からは、「近所でも汚染がひどいことに驚いた」「知らないことばかり」などの感想が届く。中でも多いのが、森林汚染に関する声だという。

「最近ジビエを食べたばかり。ゾッとした」(会社員=53)、「家族でハイキングに行ったばかりなのに……」(主婦=38)、「キャンプが趣味。山菜や灰の汚染具合に衝撃を受けた」(会社員=40)といったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  10. 10

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

もっと見る