400種から厳選 持ち帰り&取り寄せ可能な「焼売の名店5軒」

公開日: 更新日:

 餃子、肉まん、春巻きに比べ、なぜか存在感が薄いのが「焼売」だ。小ぶりタイプなら楊枝を刺して食べられるし、餃子ほど癖がないから、女性向けの手土産にも使えるが、点心としての位置は低く感じてしまう。

 執事は、4年前からほぼ毎日、焼売を食べている。その数は400種類に上るという。

「餃子は専門家が多いのに焼売は思い当たらない。情報を調べようにもデータベースもありません。そこで『僕がまず食べてみるか』と。可能な限り食べたら何か言えるようになるかなと取材を始めたのです」

 本業はフリーの編集者だが、昨年5月、「マツコの知らない世界」に出演後、“焼売の仕事”が増えた。今後は「焼売イベントにも積極的に取り組んでいきたい」と意気込む。そんな執事に、テークアウトが可能な全国のウマい店を紹介してもらおう。

  ◇  ◇  ◇

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る