400種から厳選 持ち帰り&取り寄せ可能な「焼売の名店5軒」

公開日: 更新日:

 餃子、肉まん、春巻きに比べ、なぜか存在感が薄いのが「焼売」だ。小ぶりタイプなら楊枝を刺して食べられるし、餃子ほど癖がないから、女性向けの手土産にも使えるが、点心としての位置は低く感じてしまう。

 執事は、4年前からほぼ毎日、焼売を食べている。その数は400種類に上るという。

「餃子は専門家が多いのに焼売は思い当たらない。情報を調べようにもデータベースもありません。そこで『僕がまず食べてみるか』と。可能な限り食べたら何か言えるようになるかなと取材を始めたのです」

 本業はフリーの編集者だが、昨年5月、「マツコの知らない世界」に出演後、“焼売の仕事”が増えた。今後は「焼売イベントにも積極的に取り組んでいきたい」と意気込む。そんな執事に、テークアウトが可能な全国のウマい店を紹介してもらおう。

  ◇  ◇  ◇

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  8. 8

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  9. 9

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る