和田京平さん<4>「馬場さんは15分前に必ず到着していた」

公開日: 更新日:

 ジャイアント馬場は自分の寿命が長くないことを分かっていた。

「『あと何年かで車いすだ』とポロリと漏らしたこともありました。長生きできないことは、病院の先生からも伝えられていたのでしょう」

 和田さんが思い出すのは、馬場さんの人生哲学だ。「負けた相手を蹴っ飛ばすのは品がない」「反則はすぐにやめさせなさい」といつも話していたという。

「自分がされて嫌なことは他人にもするなと言われ続けました。品性というか、人間としての美意識を大事にされていたのです。家が近かったので運転手を務めることもありましたが、遅刻を嫌がる人でもあった。赤坂のキャピトルホテル東急を利用することが多かったですが、15分前に到着するように計算する。馬場さんいわく、『15分前であって30分前ではダメだ。30分前だと、お会いする相手がかえって恐縮するから』というのです。ですから、早めに着きそうな場合は、時間までホテルの周囲をぐるぐると回っていたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る