東京・台東区「落語・小料理 やきもち」美人女将シホさん

公開日: 更新日:

 本日は秋葉原駅から徒歩8分! 美人女将のいるお店、「落語・小料理 やきもち」さんへ! 少し変わった名前のお店だな? どういう意味が? と聞いてみると、落語の噺のひとつ「悋気の独楽」から名付けたという!

 どんな噺かザックリとあらすじを言えば、悋気というのは嫉妬という意味だ。

 愛人の元へ通う旦那に嫉妬した妻が、旦那に言われ先に帰って来た使用人を問いただし、使用人が持っていた独楽を見つける。

 3つの独楽、1つが旦那、1つが妻、1つが愛人として3つ同時に回し旦那の独楽がどちらかに当たるとその日はそこに帰る―――という旦那の独楽である。妻は使用人に回すよう言うと何回やっても旦那の独楽は愛人の独楽に当たってしまう。

 使用人が旦那の独楽を調べて一言。「肝心の芯が狂うております」というのが一般的なサゲなのだが、この噺を立川生志師匠がやるとサゲが「ヤキモチでございました」となるという話を一生懸命してくれるのが、美人女将のシホさん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る