田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

20歳で日本将来連盟を退会した竹俣紅さんにエールを送る

公開日: 更新日:

 写真(撮影・田丸)は、アイドル棋士として人気があった竹俣紅元女流初段(20)。女流棋士のほかに、早稲田大学政経学部に在学中の大学生、大手芸能事務所に所属するタレントと、多彩に活動してきた。

 ところが昨年12月、竹俣は自身のブログで「好きなことを職業にする生き方ももちろん良いと思いますが、大学に入って、世の中にあるさまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思うようになり、将来は別の職業に就きたいと考えるようになりました」と、日本将棋連盟を「退会」することを表明したのだ。

 それは、学業や芸能活動に専念するために現役を「引退」するわけではない。女流棋士の看板を下ろすことになるのだ(準会員資格を失う)。

 漢字が好きだった竹俣は子どもの頃、書店で「玉」「飛」「金」「歩」などの漢字が図面に書かれた将棋の本をたまたま見た。それをきっかけに将棋を覚えた。やがて、めきめきと上達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る