田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

藤井聡太七段の“将棋めし” 対局支えた「みろく庵」が閉店

公開日: 更新日:

 公式戦で活躍している藤井聡太七段(16)の対局では、「将棋めし」がいつも注目されている。

 あるテレビ番組は、藤井への出前が予想される店に張り付き、注文を受けた光景や同じ料理を放送した。店員が将棋会館に出前すると、報道陣によく取り囲まれた。

 東京・千駄ケ谷の「みろく庵」は、藤井が2年前に29連勝の新記録を達成した対局の昼食で、「豚キムチうどん」を出前した。それをきっかけにして、その料理がメディアやネットに取り上げられ、店も人気を呼んだ。

 みろく庵は1982(昭和57)年に創業された。テーブル席は20人ほどで満席になる居酒屋のような造りである。やがて、将棋会館に出前をするようになると、庶民的な味は棋士たちに好評だった。

 私は現役時代に「豚しょうが焼き定食」をよく注文した。加藤一二三・九段(79)が数年前に体調を崩して好物の「うな重」を控えたとき、メニューにない「トマト」を注文した。藤井が、そぼろあんかけと山芋を添えた肉豆腐を注文すると、「じょい豆腐定食」(秋田の精進豆腐)という定番の裏メニューになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る