池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

“見える3か所”でOK シャツをパリッと見せるアイロン時短術

公開日: 更新日:

 最近は洗ってそのまま干しておくだけで、シワなく仕上がるワイシャツも増えた。毎日のアイロンがけから解放され、奥さま方には大変好評らしい。

 だが、よく見れば、クリーニング店から上がってきたワイシャツと比べると、襟や袖カフスの張りなど、ノーアイロンはどこか頼りない。普段用のワイシャツならば百歩譲るとしても、決め時のワイシャツは、きちんとプレスされたものを着たい。 

 毎日着るワイシャツを自宅でアイロンがけするのは、確かに面倒だ。洗濯上がりにアイロンをかけて、クローゼットにしまえばシワがついてしまう。本音を言えば、毎朝着る直前にアイロンをかけるべきだが、忙しい朝にそんな時間などない。

 面倒なアイロンがけを「時短」するには、ジャケットを着用した時に見えるところだけかけることだ。“見えるところ”とは、襟、胸、袖口。襟は必ず裏から、そして襟羽根の剣先からアイロンを押し付けるように当てていく。シワが入るので決してアイロンを滑らせてはいけない。胸はVゾーンに見える範囲をアイロンがけしたら、ボタンホールの付いている前立て部分を重点的にプレスする。ただし、ネクタイをしたら見えない箇所だけに、ここはあえて省略してもよい。袖口は、ボタンを開いて裏側を外から内へ。襟と同じく押し当てるようにすることで、表側にシワが入る心配がない。襟・袖をパリッとさせたいなら、部分的にスプレータイプの洗濯糊を使う。ワイシャツ全体にかける必要はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る