シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

「#Me Too時代」に米国人が気にするパーソナルスペースとは

公開日: 更新日:

 アメリカでは、他人との適切な距離が問題になっています。きっかけは、バイデン元副大統領(76)。来年の大統領選に立候補するといわれ注目されていますが(17日現在)、彼に対し複数の女性が「異常に接近されて居心地の悪い思いをした」と訴え出て大騒ぎになりました。

「ハグの時に背中をなでられた」「髪の毛のにおいをかがれた」など。こうした行為について、バイデン氏本人は「全く悪気はなく、親しみの表現だったが、居心地の悪い思いをさせて反省している」とコメントしています。

 男性から女性への「親しみの表現」は、「♯Me Too時代」になって許されなくなっています。女性へのリスペクトがない行為が女性蔑視につながっているというのが、今の考え方です。

 さらに、接近しすぎるだけでも問題視されつつあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る