厚生労働省公式ツイッター&FBで薬物乱用防止を本気で訴え

公開日: 更新日:

「天皇としてのこれまでの務めを人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」

 上皇陛下のお言葉をアップしているのが、厚労省監視指導・麻薬対策課が運営する「STOP the 薬物!」の公式ツイッター&FBだ。

 上皇と麻薬にどんな関係があるのかと一瞬ドキリとするが、勇気づけられるコトバを紹介して薬物を断る勇気を持とうということらしい。少し前には「面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。頑張って、面倒くさいことを」というマツコ・デラックスの言葉まで引用している。 監視指導・麻薬対策課は先日、ピエール瀧を逮捕した麻薬取締部を統括する組織。薬物乱用防止の啓蒙活動で訪れた小中高を紹介したり、薬物に関する怖い話などをリポートしている。

 ただ、ひとつわからないのが、ドイツのケルン大聖堂や吉野山の桜、サハラ砂漠といった“インスタ映え”のする写真をところどころにアップしていること。一応、世界中の景色を見て、「違法な薬物の誘惑に負けない心を育てる」という理由のようだ。ちょっと苦しいが……。

 もっとも、味もそっけもない公官庁のSNSに比べ、厚労省職員のやる気は十分伝わってくる。

 役所はやっぱりこうでなくっちゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る