厚生労働省公式ツイッター&FBで薬物乱用防止を本気で訴え

公開日: 更新日:

「天皇としてのこれまでの務めを人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」

 上皇陛下のお言葉をアップしているのが、厚労省監視指導・麻薬対策課が運営する「STOP the 薬物!」の公式ツイッター&FBだ。

 上皇と麻薬にどんな関係があるのかと一瞬ドキリとするが、勇気づけられるコトバを紹介して薬物を断る勇気を持とうということらしい。少し前には「面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。頑張って、面倒くさいことを」というマツコ・デラックスの言葉まで引用している。 監視指導・麻薬対策課は先日、ピエール瀧を逮捕した麻薬取締部を統括する組織。薬物乱用防止の啓蒙活動で訪れた小中高を紹介したり、薬物に関する怖い話などをリポートしている。

 ただ、ひとつわからないのが、ドイツのケルン大聖堂や吉野山の桜、サハラ砂漠といった“インスタ映え”のする写真をところどころにアップしていること。一応、世界中の景色を見て、「違法な薬物の誘惑に負けない心を育てる」という理由のようだ。ちょっと苦しいが……。

 もっとも、味もそっけもない公官庁のSNSに比べ、厚労省職員のやる気は十分伝わってくる。

 役所はやっぱりこうでなくっちゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る