災害時にチェックすべきはアメリカの情報?

公開日: 更新日:

@usembassytokyo(アメリカ大使館 公式ツイッター)

 親分のツイッター好きが伝染したのか、アメリカ大使館のSNS発信も充実している。

 ツイッター、FB、インスタはもちろん、YouTubeにFlickr(写真共有サイト)まで駆使。広報戦略の一環としてさまざまな情報を英語と日本語で発信し続けている。

 グランドキャニオンの雄大な自然など写真だけでも楽しめるが、「リンカーンの有名なゲティスバーグ演説が行われた戦場が国立公園と知ってましたか?」「自由の女神は、1886年にフランスからアメリカに贈られたと知ってましたか?」といったプチ情報もツイートしている。時々つぶやくNASAの情報もなかなか興味深い。さらにいうと、日本に台風が来れば、衛星写真を使って「今夜、関東に接近」などと最新情報を伝えてくれる。

 ビル・ハガティ米国大使とかれん・ケリー駐大阪・神戸総領事は個人的にもツイッターをやっており、例えば、ハガティ大使は先日、家族と訪れた軍艦島の写真を投稿。東京ドームの巨人戦観戦の写真もあった。そういえば、前任のケネディさんは日本のドラマでヒットした「恋ダンス」をサンタのコスプレで踊っていたものだ。

 こうした情報発信は札幌、名古屋、福岡の領事館でも行っている。

 もちろん、アメリカの情報が効果を発揮するのは災害時だろう。もしも国内に大震災が発生した場合、チェックすべきはこの米国大使館のツイッターかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る