農水省公式FBは海外旅行での「肉製品のお土産」に注意喚起

公開日: 更新日:

 現在放送中のNHK朝ドラ「なつぞら」は、北海道十勝の酪農家に育った主人公の物語。

 これにちゃっかり便乗しているのが、農林水産省の公式フェイスブック(FB)と公式ツイッターだ。手作りバターをおすそ分けする第10話の直後には、《古代ギリシャやローマ帝国の時代には、バターは食用というより傷薬や美容クリームとして使われていた》といった豆知識を披露。おそらく関係者以外は誰も読まないだろう地味なFBだが、真面目に1日1回は書き込みを更新しており、担当者の涙ぐましい努力が分かる。10連休のGWが近いというのに、なかなかツイッターすら更新しない観光庁(国土交通省)より、やる気は伝わってくる。

 そんな農水省のFBにGWに関して気になる情報が! 10連休を利用して海外旅行に出かける家族も多いと思うが、「ビーフジャーキーやハム、サラミなどの肉製品は、少量であってもほとんどの国から持ち帰ることができません」と注意喚起しているのだ。まったく知らなかったが、今月22日から畜産物の国内持ち込みが厳格化されるらしい。なんと検査を受けずに持ち込んだ場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というからタダゴトではない。

 真空パックに入れてあっても検査証明書などがなければ持ち込みは不可。自分で食べる量のみのソーセージや肉まんがカバンに入っていてもダメなのだ。

 まさか逮捕まではされないと思うが、帰国の際は一応、子供のポケットも確認しておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る