危機管理のプロが直伝 「カップ麺」を水で作る方法

公開日: 更新日:

警視庁警備部災害対策課 Twitterアカウント

 普段は警備計画の策定などの仕事を行い、いざ災害が起きた際には機動隊を派遣して救助活動を行う警視庁警備部災害対策課の職員たち。

“お堅い”警視庁が公式ツイートを始めたのは2013年1月からで、「ライオンが脱走した!」といったデマ情報を封じる狙いもある。

 ほぼほぼ1日置きに更新されるツイートの内容は、「豆知識」「便利技」「食べ物」「その他」の4つ。単なる災害情報だけでなく、マスクをつけてもメガネが曇らない方法……といった日常生活のアイデアも数多い(答えは、四つ折りのティッシュを中に入れる)。

 注目は、「水でカップ麺を作ってみた」シリーズ。災害時、お湯がないと食べられないと思っていたカップ麺だが、水でも作れることを検証した内容だ。担当職員が何度も何度もやってみたのだろう。実験では15分で食べ頃(実際はふやけただけ……)になった。まあ、災害時に味に文句を言っても始まらないし、試食した職員の息子は「冷やしラーメンみたいでありだよ、あり!」と好感触だったらしい。このツイートに対し、「そんなの知ってる」と鬼の首を取ったかのようなコメントをする人もいるが、コロンブスの卵で先にやったもの勝ちだ。同シリーズは「焼きそば編」「うどん編」があり、それぞれ20分、60分で食べ頃(ふやける)になる。

 ツイートを担当するのは25人ほど。年齢も性別もまちまちで、日々、お役立ち情報を発信するために実験を繰り返しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る