自衛隊HPで公開 対向車のヘッドライトで目が眩まない方法

公開日: 更新日:

自衛隊 LIFE HACKチャンネル

 自衛隊も公式HPの「LIFE HACKチャンネル」で生活術を動画公開している。運営・制作は防衛省陸上幕僚監部で、米軍なら参謀本部にあたるエリート集団だ。

 ライフハックとは作業テクニックのことで、自宅にある「ツナ缶」や「バター」で簡易ランプを作る方法は、震災時にも役に立ちそうだ。

 寒さ対策に「体幹を鍛える」という“らしさ”全開の動画もあるが、夜間行動に慣れた自衛隊員ならではのテクニックもある。

 例えば、対向車のヘッドライトで目がくらむのを防ぐ方法。人や動物の目には「虹彩」と呼ばれる明るさを調整する器官があり、明るい所では虹彩を絞って感度を下げ(明順応)、暗い所では開いて感度を上げる(暗順応)ことで視界を確保する。暗い場所には1分くらいで慣れるからいいが、厄介なのはヘッドライトのように急に明るくなった時。人によっては、視力が回復するまで30分~1時間もかかってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る