朱野帰子さん<4>転勤辞令を機に退職し専業作家になるも…

公開日: 更新日:

 2社目の製粉会社に勤め始めたのは、2009年のことでした。実は私の作家デビューもこの年。

 転職先の内定をもらったのと同時に、第4回ダ・ヴィンチ文学賞の選考通過の連絡も来ていたのです。結果、大賞を頂くことになったのですが、会社では副業禁止。作家が副業になるかどうかわかりませんでしたが、会社には隠しておくことにしました。

 そんなわけで、授賞式にも会社が終わってからすぐに電車とタクシーを乗り継いで駆けつけることに。

 会場ではみなさん、華やかな服装で髪もきちんと整えて来られていたのですが、私だけ仕事帰りそのままの格好。着いてすぐに、「スピーチをしてください」と言われて、何も考えていなかったので焦りましたね。

 私は当時、本業は会社員で作家は仮の姿だと思っていたので、デビュー作の重版が決まって「おめでとう」と言われてもピンときませんでした。それよりも、製粉会社が入社して少しすると他の企業と資本業務提携を結んでしまったので、そのことで頭がいっぱいでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る