朱野帰子さん<2>飛行機に乗り遅れてから“不眠症”になり…

公開日: 更新日:

 マーケティングプランニングの会社では、その忙しさからうつ状態も経験しました。

 ある日、大阪で行われる会議に向かうための飛行機に乗り遅れてしまったことがあったんです。朝までかかって会議の資料を準備して、仮眠をとるつもりだったのが、起きたら飛行機の時間。慌てて京急線に飛び乗り、電車の中で資料の模造紙を6等分に切り分け、羽田空港から取引先にFAXで送ることになりました。

 これ以降、寝るのが怖くなって不眠症のようになってしまい、睡眠導入剤を会社の机に置いて仕事をしていました。過労で入院したこともあります。

 私だけでなく、周りにもうつになっていく人たちがいました。派遣社員から正社員になった後輩もそのひとり。私のやり方に合わせていたら、いつの間にかむしばまれていたんです。

 うつ病はある日急になるというものではなく、自分では気がつかないうちに、いつの間にかなります。そして、一度壊れると復職はなかなか難しい。うつ社員を生み出すブラック企業では、若者が使い捨てになっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る