落ち込んだら頑張らない"絶望生活"に苦しんだ作家の復活法

公開日: 更新日:

 ポジティブ思考礼賛の風潮の中、“絶望”をテーマに文学やドラマ、音楽などを紹介する、“文学紹介者”頭木弘樹さん(写真)の書籍がジワジワと注目を集めている。8年前の初の著書「絶望名人カフカの人生論」(飛鳥新社)は10万部のヒット。この春からは、「絶望名人――」の漫画化作が原案のネットドラマ「カフカの東京絶望日記」が配信されている。

 頭木さんが“絶望”をテーマにしたのは、自らの体験がもとになっている。大学3年の時、難病の潰瘍性大腸炎を患い、医者から「一生治らない」と言われ、13年もの闘病生活を送った。医学が進歩し、手術を経て、現在は何とか人並みの生活を送っているが、長い“絶望生活”を味わった。

「入退院を繰り返し、将来どころか生きる喜びを見いだせなかったとき、テレビのバラエティー番組や成功者の明るい名言集などに接すると、むなしくつらかったのですが、ネガティブな文学作品に救われました。絶望は一足飛びに解消されず、その間に孤独が漏れなくついてきますが、文学作品は私の絶望に寄り添い孤独を癒やしてくれたのです。絶望しているときは、ポジティブなものではなく、ネガティブなものが切実に必要なのだと実感しました」(頭木さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る