これが妻や彼女を絶望させる一言 人工知能研究者が教える

公開日:

 男性は責任を果たすことを愛情ととらえているという。給与を渡したり毎日家に帰ったりするのも、愛を伴う責任感からだ。

 女性は違う。男性から愛情を感じるのは、自分の気持ちに寄り添って「何を求めているか」に気付いてくれたときだそうだ。

 これは脳の構造が違うからで、そのため夫にとっては何げない一言に、妻は絶望を感じてしまう。数十年と蓄積した絶望は離婚につながる。

 それでは、妻の絶望を招くのは具体的にどういうセリフなのか。「妻のトリセツ」(講談社+α新書)の編著者で、人工知能研究者の黒川伊保子氏によれば、「言ってくれれば、やったのに」が危ない言葉だという。

 例えば、妻が天井の電球の交換や故障した機械の修理に格闘しているのを見て「やろうか?」と聞いても「いい」と断られた経験があれば、危険水域に近づいていると心したほうがいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る