日本の残業文化はミステリー 目的のない無駄な我慢が多い

公開日: 更新日:

ケイリーンさん(米国出身)<2>

 私、いまデザイン会社で働いています。日本に住んでいるアメリカ人はほとんどは英語教師なので、それ以外の仕事がしたくて、好きなデザインの仕事をしています。

 でも、日本の会社はミステリーが多いですね。ひとつは残業文化です。

 アメリカでは定時に退社するのが当たり前。17時50分には片づけを始め、18時ジャストにサヨナラです。ところが日本では、上司が残っていると誰も帰らない。私も特別扱いされたくないから残業につき合い、毎日、終電で帰ることもありました。アメリカだったら、30分残業したらすごいこと。もちろん残業代はもらえるし、“きょう、30分も残業したんですよ”と他人に話すほど珍しいことです。

 でも日本では、30分残業なんて話題にもならない。2時間、3時間残業しても文句を言わない。本当に不思議な国です。それも、仕事が多すぎるとか忙しいとか、残業に意味があるのなら許せますが、仕事のフリをしているだけで、ほとんどはダラダラ会社にいるだけの残業だから無駄だなと思うし、信じられないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る