コンビニの本棚を見て日本人は“ソッチ系”ばかりかと錯覚

公開日: 更新日:

ケイリーンさん(米国出身)<1>

 日本に来て、最大のカルチャーショックはコンビニの本棚でした。

 ひとつは、エッチ系のオトナの雑誌が陳列されていたこと。置いてあるだけでもビックリなのに、それを立ち読みしている人がいた。えっ、どうしようと私の方がドキドキして恥ずかしくなってしまいました。アメリカにもエッチな本や映像はありますが、アダルトショップでないと見られません。日本のように、誰の目にも触れる場所に置いてあるのが信じられなかったのです。アメリカは性の分野で開放的と思っている日本人が多いですが、それは間違い。大半の人は保守的です。結婚する人としかセックスしてはいけないと教えられているし、人前で裸になることもタブー。だから私、日本に来て温泉に誘われたときも、最初は怖くて断ったほどです。

 もうひとつのビックリは、コンビニの本棚に男性のファッション雑誌がいっぱいあることです。アメリカではファッション雑誌も専門の店にしか置いてありません。そもそもファッションに興味がある男性は、美容師さんはじめ、ほとんどがゲイ。アメリカの男性はおしゃれに興味がなくて、だから、ジーパンにTシャツ姿ばかりなのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る