吉川良さん<5>家業継ぐも面白くなくて小説を書くように…

公開日: 更新日:

「宝石商はサラリーマンだったから、面白がって仕事ができたんだけど、“家業を継ぐ”となると話が違うね。同じ給料をもらうとはいえ、小さな薬問屋だから従業員兼経営陣のようなもの。経営っていうか、カネのやりくりを気にせざるを得ないし、一方で毎日医者にペコペコ頭を下げなきゃならない。手形の心配までしてさ、生きた心地がしなかった。スーパーなどが衛生用品を扱い始めて価格が崩れ出し、小さな問屋が生き残るのは大変だったんだよ」

 昭和40年代半ばから50年にかけてのことだ。

 その頃、社台グループの創業者・吉田善哉氏はグループを着々と広げていた。1971年、白老に続き、社台ファーム早来(現ノーザンファーム)をつくる。72年にはアメリカでノーザンテーストを購入。その後、同馬はフランスでGⅠレースに勝ち、引退後、日本で偉大な種牡馬になる。

「仕事が面白くないのもあって、会社に寝泊まりして夜中に小説を書くようになった。商品が積んである脇の3畳くらいのスペースで、毎晩、夜中の3時ごろまで机にロウソクを立てて書いた。で、38か39の年、小説新潮に10枚くらいの短編を書いて入選。藤原審爾さんが審査員でね。少しばかりお金が入った。うれしかったね~。“脈がある”って思ったから。いい転機になったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る