おかしのまちおかで安売りされていた不思議なスナックの謎

公開日: 更新日:

 関東や関西、中京エリアで店舗を展開し、地域でおなじみになったお菓子小売りの「おかしのまちおか」(店名、商号は株式会社みのや。本社は埼玉県)。

 駄菓子屋が消えていく時代にお菓子の専門店として、こどもや大人にもおなじみの存在になっている。記者も子どもに連れられてたびたび行くのだが、最近のスーパーマーケットには置かれていない「都こんぶ」や「よっちゃんいか」があるのがうれしい。

 さて今日もそんなまちおかに子どもに連れられ足を運ぶと店の奥のポテトチップスのある場所に見慣れない袋菓子があった。

■フィッシュアンドチップス、じゃない?

 スナック菓子のあるコーナーの一角に鮭っぽい魚の絵の袋菓子(写真)があった。しかも350円の輸入菓子が100円ほどに値下げされており、お得感を誘う。袋を手にとり裏の日本語の説明を見ると「フィッシュチップス」と書いてある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る