小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<11>順調なときほど“自分のダメ”と向き合って将来の準備をする

公開日: 更新日:

 仕事が順調なときは、じっとしていても情報や人が集まり、それらが相乗効果を生んで物事がうまく回っていきます。けれど、そんなありがたい状況がずっと続くことはありません。いつの間にか誰かにとって“目立つ存在”となっていて、追い抜かされたり干されたりする日が来ることもあるのです。そうなるとどん底で、人も情報も集まりません。気持ちは「どうしよう」と焦っても、急な変化に対応するだけで精いっぱい。私もそんな状況に置かれ、大変な苦労をした経験があります。だからこそ、「順調なときこそ準備! ボーっと生きてんじゃねぇよ!」と声を大にして伝えたいのです。

 では、何をやるべきなのか。まずは、自分のキャリアを客観視してみることだと思います。いまのスキルが5年先、10年先に通用するのか、以前と比べて衰えていないか、自分の経験値や能力が将来確実に起きる社会環境の変化に対応していけるか、といった総点検です。簡単に書きましたが、これってつらいことですよね。自分のダメな部分にも向き合わないといけないのですから。ただ、順調なときだからこそ余裕が生まれ、リスクについて考え抜く際の心理的な負担も軽くなるのでは、と思うのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

もっと見る