小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<10>すぐに形になる「小さな成果」を準備しておく

公開日: 更新日:

 人事異動や転職の直後に、「早く成果を出そう」と焦った経験はないでしょうか。新しい人間関係のもと、「この人は、どこまで活躍できるかな」という周囲の目は気になりますよね。うまくスタートダッシュを切るには、すぐに形になる“小さな成果”を準備しておくことがポイントになると思います。

 大阪府警を担当する社会部の記者だった私が、ロンドン支局の特派員として海外赴任することが決まったときのことです。当時の英国には、いまの「ブレグジット」のような大きなニュースがありませんでした。そのため、渡航する前から「どうやったら周りに喜んでもらえる仕事ができるかな」と、ずいぶん思案しました。

 いきなり、「アフリカに出張して難民問題を取材します!」なんて宣言して取材を始めたとしても、形になるまでは時間もコストもかかります。成果を出すのが簡単ではない重厚なテーマは、土地勘のない新参者が取り組むべきことではないし、そんな仕事にのめり込んでも誰にも喜ばれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る