元マトリ高濱良次さん<5>真っ赤っ赤に修正された調書作り

公開日: 更新日:

■公務員でもゴマすりはしなかった

 高濱さんは2008年、北九州市にある麻薬取締部小倉分室の室長として定年退職を迎えた。

「親父は『おまえは商売人には向いていない』と私に言っていましたが、公務員になってもゴマすりはしませんでした。大阪市役所を辞めたり、回り道をしましたけど、結果的にはいい仕事に就けたと思っています」

 ただし、高濱さんは楽隠居する気はさらさらない。

「48歳から英語の勉強を始めました。そして定年を機に63歳でアメリカ留学。サンディエゴ州立大で2年間の語学カリキュラムなどを消化した後、正規学生として私立大学に進学したのですが、さすがにあちらの大学は勉強が厳しくて半年で逃げ出してしまった。ただ、その間は若い人たちと大リーグのパドレスの野球観戦に行ったり、アメリカの麻薬事情も学ぶこともできた。ですからメディアで解説を求められれば、海外との比較や事情も話すことができる。何事も無駄にはならないわけです。努力したら人生、ラクになるものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る