大岡玲
著者のコラム一覧
大岡玲作家

1958年生まれ、東京外大卒。「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞。「表層生活」で芥川賞。小説執筆の他に書評、美術評論、ワインエッセーなど幅広い分野で活躍。「本に訊け!」「男の読書術」「新編 ワインという物語 聖書、神話、文学をワインでよむ」などの著作がある。東京経済大教授。

【棄民】この国で行われた棄民は遠い過去の出来事ではない

公開日: 更新日:

 今年は、小説家・開高健没後30年の節目ということもあり、彼の文業が次々に復刊されている。年来開高ファンであると公言してきたおかげで、私も岩波文庫「開高健短篇選」の編者を仰せつかり、1月に無事刊行することができた。自分の本が出た時より、なんだかうれしかった。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  7. 7

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

もっと見る