ワイズ早見泰弘会長 堺屋太一本がリハビリ施設運営に有用

公開日: 更新日:

 来年の東京パラリンピックの国内予選が花盛りだ。代表入りを目指す選手の中には「脳梗塞リハビリセンター」で施術を受けている人も少なくない。本日登場するのは、自身も椎間板ヘルニアを経験。その過程でリハビリの重要性に気付き、同センターを開業したワイズ会長の早見泰弘さん(46)だ。

  ◇  ◇  ◇

 IT企業の経営者だった早見さんにアクシデントが襲ったのは2013年のこと。重度の椎間板へルニアとなって激痛に見舞われた。

「仕事どころか、激痛で歩くことさえできませんでした。腰の手術後にリハビリを受けている時、フト、ある“疑問”を感じました。症状も年齢も違う人が同じリハビリを行っている。人それぞれの体調に合わせたオーダーメードのリハビリができないか……と」

 東京・神田育ちだけあって歯切れがいい。どこか故・中村勘三郎さんの印象に似てなくもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る