天気予報の「激しい雨」と「猛烈な雨」はどれだけ違うのか

公開日: 更新日:

 この時季、天気予報で時折、耳にする言葉に、「激しい雨」や「猛烈な雨」がある。多くの人がテレビやラジオで聞いたことがあるはずだ。これは、簡単に言えば、1時間に降る“雨の降り方の強さ”を表す天気用語。その基準は決まっており、具体的にはこうだ。

■強い雨…20ミリ以上~30ミリ未満。いわゆるドシャ降りの雨のこと。

■激しい雨…30ミリ以上~50ミリ未満。バケツをひっくり返したような、とも表現する。

■非常に激しい雨…50ミリ以上~80ミリ未満。滝のように降る。傘など役に立たない、とんでもない雨だと思っていい。

■猛烈な雨…80ミリ以上。恐怖を感じる。現実にはほとんど経験がないような大雨。

 出社前、朝メシを食べながら天気予報を聞くサラリーマンは少なくない。そのとき、万が一、「非常に激しい雨」とか「猛烈な雨」のフレーズを聞いたら、その方面への外出は控えた方が無難だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る