働き方改革で管理職にしわ寄せ 部長の3割「労働時間長く」

公開日: 更新日:

 4月に施行された働き方改革関連法に対し、部長職の29.3%が「経営陣・管理職クラスの労働時間が長くなっている」と感じていることが8日、人材紹介会社「経営者JP」の意識調査で分かった。中間管理職などに業務のしわ寄せが来ている実態が浮き彫りになった。

 同社は5月中~下旬、課長職以上の男女約7000人を対象にインターネット調査を行い、180人から回答を得た。

「経営陣・管理職クラスの労働時間が長くなっている」と答えた人は全体で18.9%。役職別で見ると課長職が13.6%、幹部・役員クラスの18.0%、経営者の16.7%となっており、部長職の29.3%が際立っていた。

 回答者に理由を尋ねると、「残業対象外の管理職にやや負担がある」「若手を帰らせ、管理職が残務処理をしている」との意見が寄せられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る