競走馬と同じ温泉に 福島県いわきは大人向けスポットが充実

公開日: 更新日:

 福島県の東南端、茨城県と境を接するいわき市。スパリゾートハワイアンズや水族館のアクアマリンふくしまが有名だが、実は温泉やグルメなど大人向けのスポットも盛りだくさん。特に現役競走馬を間近で見られるリハビリ施設は、競馬ファンならずともテンションが上がる!!

 東京駅から特急ひたちで約2時間20分。いわき市は東京23区の倍以上と広いので、先の移動はレンタカーがベターだ。

 まずは「白水阿弥陀堂」(℡0246・26・7008)へ。永暦元(1160)年、徳姫という女性が発願・建立したお堂で県内唯一の国宝だ。重要文化財の阿弥陀三尊、持国・多聞天王が安置される堂内は、建立当時の極彩色の文様や壁画こそ失われているが、かすれた風合いがむしろ悠久の時を思わせる。お堂を取り囲む浄土庭園は散策にもってこい。

「JRA競走馬リハビリテーションセンター」(℡0246・43・3185)は、長期療養を必要とする故障馬を温泉療法で回復させる施設として1963年に開設。かつてはオグリキャップやトウカイテイオーなども入所したそう。昨年度は52頭が屈腱炎などの療養のため滞在した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る