米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】認知症が進行中の親の遺言書 どこまで有効でしょうか

公開日: 更新日:

【A】重度でも認められるケースはある

 前新潟県知事、医師、弁護士の米山隆一です。私も齢51、父母は80に近づき、ボケや介護などが頭をよぎるようになりました。医療、法律、行政の知識・経験を生かして読者のみなさんと一緒に「老親」に対する悩みを考えていきたいと思います。

 さて、初回は「認知症と遺言」です。認知症の患者さんは増加傾向にあり、2050年には高齢者の認知症有病率は、現在の15%から25%程度まで増えるとされています。

 そこで、認知症にかかった人の遺書はどこまで有効なのか。切実な問題になってくるのです。民法第963条は「遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない」と定めます。これは「遺言が有効となるには、遺言を書いた者が遺言を書くときに、遺言を書く能力(遺言の内容を理解し、それを文書にする能力)を持っていなければならない」という、当たり前のことを言っているのですが、この規定から「認知症の患者さんは遺言能力を有するか?」が問われることになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る